トップ

横田基地撤去の会

ニュース 基地の概要 ミニ情報 写真集 飛来機 ブログ

4月11日 新型大砲 (new Bird/Wildlife Aircraft Strike Hazard cannons) を22門配備

野鳥と航空機の衝突事故を防ぐため、横田基地に新型のバードストライク防止の大砲を22機配備したそうです。
 

最近のジェット飛行機のほとんどが、ターボファンエンジンとなっています。これはタービンエンジンの前部に大きな
ファンを取り付け、前方の空気を大量に吸い込むことにより、推力を得ています。
このため、離着陸時に野鳥を吸い込みエンジンが壊れる事故が起きています。


4月11日撮影 6機ずつトラックで運んでいます。

4月20日午後 大型機の離着陸を控え、R/W18A周辺の芝生に群れているムクドリを追い払うために、いっせいに
爆発音を出していました。

以前は野鳥がいるときは、黒いパトカーが来て、空砲を撃つか、サイレンを鳴らして追い払っていましたが、今回配備された
ものは、ソーラーエネルギーで遠隔操作により、音を出します。